自殺大綱 見直し – 自殺総合対策大綱見直しの提言について

[PDF]

自殺総合対策大綱の見直しのポイント① 目指すべき社会を提示:誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指す 見直し案の副題と冒頭において、国、地方公共団体、関係団体、民間団体等が緊密な連携を取りつつ、国を挙げて

平成24年に閣議決定された大綱は、おおむね5年を目途に見直すこととされていたことから、平成28年から見直しに向けた検討に着手し、平成28年の自殺対策基本法改正の趣旨や我が国の自殺の実態を踏まえ、平成29年7月、「自殺総合対策大綱~誰も自殺に

[PDF]

・自殺総合対策大綱の見直しについて(検討の開始) 12月5日 第1回新たな自殺総合対策大綱の在り方に関する検討会 ⑴ 新たな自殺総合対策大綱の在り方に関する検討会の運営 ⑵ 自殺総合対策大綱に基づく諸施策の進捗状況 12月26日

自殺総合対策大綱~誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指して~(平成29年7月25日閣議決定) 旧大綱(平成24年8月28日閣議決定、平成29年7月25日廃止)はこちら

[PDF]

「自殺総合対策大綱」(概要) 平成28年の自殺対策基本法の改正や我が国の自殺の実態を踏まえ抜本的に見直し 第1 自殺総合対策の基本理念 自殺対策は、社会における「生きることの阻害要因」を減らし、

[PDF]

自殺対策基本法成立後の自殺対策の動向 (平成 18年~29年) 平成18年10月 自殺対策基本法施行. 平成19年 6月 自殺総合対策大綱策定. 平成21年度補正予算 地域自殺対策緊急強化基金(100億円) 平成24年 6月 自殺総合対策大綱見直し

[PDF]

「自殺総合対策大綱」の見直し素案に対する意見募集にあたり、日本精神神経学会としての意見 を申し上げます。ご検討のほど、よろしくお願いいたします。 1. 見直し素案においては、ほとんど科学的根拠の尊重や科学的根拠の蓄積に関する記載がありま

[PDF]

「自殺総合対策大綱」(概要) 平成28年の自殺対策基本法の改正や我が国の自殺の実態を踏まえ抜本的に見直し 第1 自殺総合対策の基本理念 自殺対策は、社会における「生きることの阻害要因」を減らし、

自殺総合対策大綱は、自殺対策基本法に基づき、政府が推進すべき自殺対策の指針として定めるものです。平成19年6月に初めての大綱が策定された後、平成20年10月に一部改正、平成24年8月に初めて全体的な見直しが行われました。

政府は8月28日の閣議で「自殺総合対策大綱」を決定した。2007年以来、5年ぶりの見直しとなる。誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を

[PDF]

なお、国の自殺総合対策大綱が見直された場合等、必要に応じて見直しを行うこととします。 4 計画の数値目標 国の自殺総合対策大綱及び第2次千葉県自殺対策推進計画では、10 年後の自殺死亡率 を現状より30%以上減少させることを目標としています。

[PDF]

Jan 21, 2017 · 自殺総合対策大綱改正に向けての提言 2017 年1 月21 日 日本精神神経学会 理事長 武田雅俊 1998 年から全国の年間自殺者数が3 万人を超える深刻な事態が続く中、その抜本的な改善 を目的として2006 年に自殺対策基本法が制定された。

[PDF]

自殺総合対策大綱の見直しについて 自殺総合対策大綱は、自殺対策基本法第12条に基づき、政府が推進すべき自殺対策 の指針として策定。大綱は、平成 24年8月閣議決定。おおむね5年を目途に見直し。 <大綱策定までの経過・スケジュール>

「過労死防止大綱」の大まかな変更概要
[PDF]

我が国の自殺死亡率は主要先進7か国の中で最も 高く、年間自殺者数も依然として2万人を超えて 自殺総合対策 大綱(平成 29(2017)年7月25日閣議 決定 ) ―104― 資料2

[PDF]

自殺総合対策大綱見直しの検討が進められていた2012年1月 に、(独)国立精神・神経医療研究センター(ncnp)はwhoから サクセーナ部長、ワン博士らを招へいし、 内閣府、厚生労働省、全 国精神保健福祉センター長会等の協力を得て、日本の自殺対策

[PDF]

平成 28 年までに、自殺死亡率を 17 年と比べて 20 %以上減少させること を目標とする。 策の数値目標 対 殺 自 ) 4 第 ( 国における推進体制 地域における連携・協力の確保 大綱の見直し 施策の評価及び管理 (おおむね5年を目途に見直し)

[PDF]

「自殺総合対策大綱」(概要) 平成28年の自殺対策基本法の改正や我が国の自殺の実態を踏まえ抜本的に見直し 第1 自殺総合対策の基本理念 自殺対策は、社会における「生きることの阻害要因」を減らし、

2007年 6月には、内閣全体の自殺対策の指針となる『自殺総合対策大綱』を取りまとめた 。自殺総合対策大綱では、自殺に関するさまざまな対策を列挙した。さらに、数値目標として、2016年までに自殺死亡率を2005年比で20%減少させることを掲げている 。

上部組織: 厚生労働省

厚生労働省は「自殺総合対策大綱」の見直し検討に着手し、平成29年夏ごろを目途に新たな大綱案の作成を行う。12月5日には東京都内で、新たな自殺総合対策大綱の在り方に関する検討会の第1回会合が開かれ、今後のスケジュールや進め方などについて話

[PDF]

国の自殺対策の指針である自殺総合対策大綱は、平成19年6月に初めて策定され た後、平成20年10月の一部改正、平成24年8月の全体的な見直しを経て、平成28 年の自殺対策基本法の趣旨や全国の自殺の実態を踏まえた見直しが行われました。

[PDF]

画の見直しがなされました。法改正や大綱の見直しにより、市区町村は自殺総合対策大綱及び 都道府県自殺対策計画並びに地域の実情を勘案して自殺対策計画を策定するものとされまし た。

[PDF]

平成28年4月に自殺対策基本法の改正、平成29年7月には自殺対策大綱の見直しが閣議 決定されたことを踏まえ、本市においても、自殺対策計画を策定いたしました。今後は本

[PDF]

自殺による死亡又はこれらの脳血管疾患若しくは心臓疾患若しくは精神障害 過労死等防止対策推進法について 政府は、過労死等の防止のための対策に関する大綱を定めなければならないことを規定(平成27年7月24日閣議決定)

Jun 05, 2017 · 15歳から39歳までの各年代の死因の順位で、自殺が1位。厚生労働省が5月30日に公表した「自殺対策白書」(2017年版)の内容は、社会に衝撃を与え

[PDF]

年度に見直し)し、官民一体となった総合的な自殺対策の推進や東日本大震災津波の影響への対策に 取り組んできました。 現行のアクションプランの計画期間が平成27年度から平成30年度までであることか

[PDF]

自殺対策基本法一部改正法成立(議員立法、4. 月1日施行) 自殺対策が内閣府から厚生労働省に移管 自殺総合対策推進センターとして機能強化 「自殺総合対策大綱」(閣議決定) 自殺者数は9年連続で減少しているものの、依然として深刻な状況にある

この計画では、「自殺総合対策大綱が見直された場合など、(中略)必要に応じて、この計画の見直しを行う」こととしており、平成24年8月の国の大綱の見直し、及び平成25年度に実施した千葉市における自殺の実態調査の結果を踏まえ、本市計画の一部

[PDF]

その間、定期的な評価と進捗状況の管理を行い、自殺対策基本法又は自殺総合 大綱の見直しがあった場合は、必要に応じ計画の見直しを行います。 自殺対策基本法 刈羽村自殺対策計画自殺対策大綱 健康かりわ21 計画 (第2次)平成27年度~平成31年度

<性的マイノリティー>自殺対策「声なき声」聞いて「大綱」見直し、関心向ける動き2012年4月13日(金)13:00毎日新聞 同性愛者ら高い未遂率周囲の無理解、偏見で疲弊国の自殺対策の指針「自殺総合対策大綱」が、07年の策定から5年を経て近く見直されるのを前に、同性愛や性同一性障害など

[PDF]

.大綱見直しの提言づくり 自殺対策は,自殺予防に社会的取り組みを含め, また遺族の社会的支援を含めたメッセージ性の高 い言葉であって,大綱は,自殺の問題の深刻さを 社会に訴え,自殺対策への社会の関心を高めるこ

この計画では、「自殺総合対策大綱が見直された場合など、(中略)必要に応じて、この計画の見直しを行う」こととしており、平成24年8月の国の大綱の見直し、及び平成25年度に実施した千葉市における自殺の実態調査の結果を踏まえ、本市計画の一部

[PDF]

2006.10 自殺予防総合対策センター開設 • 2006.10 自殺対策基本法施行 • 2007.6 自殺総合対策大綱 • 2008.10 自殺総合対策大綱一部改正(自 殺対策加速化プラン) • 2009.6 地域自殺対策緊急強化交付金 • 2012.8 自殺総合対策大綱の見直し 第1期(1998-2005)

[PDF]

【件名】「自殺総合対策大綱の見直し(改正)に向けての提言 第二次案」に対する意見 【氏名】山村 睦(社団法人 日本社会福祉士会 会長) 【意見】今回、公表された「自殺総合対策大綱の見直し(改正)に向けての提言 第二次案」

[PDF]

・多くの自殺は個人の自由な意思や選択の結果ではなく、社会的要因を含む様々な要因 が複雑に関係して、心理的に追い込まれた末の死 自殺を考えている人はサインを発している ・制度、慣行の見直しや相談・支援体制の整備という社会的な取組

[PDF]

ただし、国の「自殺総合対策大綱」及び県上位計画の見直しの状況等も踏まえ、必要により 見直しを行い、効果的に対策が推進されるよう努めます。 4 自殺対策の推進体制と計画策定のための体制

[PDF]

自殺対策指針となる「自殺総合対策大綱」が策定されました。さらに平成24(201 2)年に全体的な見直しが行われ、「誰も自殺に追い込まれることのない社会」の実現を 目指すことが掲げられました。

<性的マイノリティー>自殺対策「声なき声」聞いて「大綱」見直し、関心向ける動き2012年4月13日(金)13:00毎日新聞 同性愛者ら高い未遂率周囲の無理解、偏見で疲弊国の自殺対策の指針「自殺総合対策大綱」が、07年の策定から5年を経て近く見直されるのを前に、同性愛や性同一性障害など

さらに、自殺対策加速化プランの決定にあわせて、平成20年10月31日の閣議決定により一部が改正されましたが、初めて全体的な見直しが行われ、平成24年8月28日に「自殺総合対策大綱~誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指して~」が閣議

[PDF]

体的な見直しが行われ、その後、おおむね5年ごとに見直すこととされていた ことから、平成28年の「自殺対策基本法」改正にあわせて、平成29年7月に、 「自殺総合対策大綱~誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指

[PDF]

「自殺総合対策大綱」の見直し 参議院厚生労働委員会「自殺総合対策の更なる推進を求める決議」 「自殺対策基本法の一部を改正する法律」成立 「自殺総合対策推進センター」発足(自殺予防総合対策センター)を改組 「自殺対策に関する意識調査」実施

[PDF]

計用語等を除き、「自殺」に代えて「自死」の言葉を使用します。 (2)本計画の期間 平成29(2017)年に見直しが行われた大綱は、概ね5年を目途に見直しを行うこととさ れています。

[PDF]

「自殺総合対策大綱」の見直し素案に対するパブリックコメント 2017 年6月26 日 厚生労働省社会・援護局総務課自殺対策推進室へ提出 公益社団法人日本社会福祉士会は、2010 年の全国大会(秋田大会)において、「自殺者を出さない社

[PDF]

同法に規定する「市町村自殺対策計画」とし て策定します。 計画の期間 平成29年度~平成38年度までの10年間 なお、各種施策等の成果について2年ごと に評価を行い、自殺対策基本法または自殺 総合対策大綱の見直し等の国の動向もふま

政府は25日、今後5年間の国の指針となる「自殺総合対策大綱」を閣議決定した。2026年までに人口10万人当たりの自殺者数である「自殺死亡率」を

[PDF]

が自殺対策の指針として定めた「自殺総合対策大綱」と地域の実情を勘案して、都道 府県自殺対策計画を定めるものとされたところです。 こうした状況を踏まえ、県では、現在取り組んでいる全事業の中か

[PDF]

には国が自殺総合対策大綱の大幅な見直しを行ったことを受け,県では,宮城県自死対策推進会 議をはじめ広く県民の方々の御意見をいただき,県計画の見直しを行うこととしました。 2 計画の位置付け

政府は25日、今後5年間の国の指針となる「自殺総合対策大綱」を閣議決定した。2026年までに人口10万人当たりの自殺者数である「自殺死亡率」を

[PDF]

指針として自殺総合対策大綱を示し、平成24年にその大綱の見直しを行いました。 これらの法整備等により、地方公共団体等でこころの健康づくり等、様々な施策が取り組まれ

[PDF]

また、平成28年7月に国の自殺総合対 策大綱が5年ぶりに見直されるなど、自殺対策の更なる推進が求められています。 熊本県においては、平成23年3月に策定された「熊本県自殺対策行動計画」を見直し、

自殺者30%以上減少目指す 政府が「自殺総合対策大綱」政府は25日、国の自殺対策の指針となる新たな「自殺総合対策大綱」を閣議決定し、人口10万人当たりの自殺者の人数を、今後10年間で30%以上減少させるという新たな目標を掲げて、対策を強化し

[PDF]

国の自殺対策の指針である自殺総合対策大綱は、おおむね5年に一度を目安に改訂が行わ れてきています。本計画も、国の動きや自殺の実態、社会状況等の変化を踏まえる形で、お

政府は5日、自殺総合対策大綱の見直しに向けて、有識者検討会の初会合を開いた。平成19年に作成された大綱は5年ごとの見直しが義務付けられて

[PDF]

自殺総合対策大綱 (h29~h33) 自殺総合対策大綱 (h19~h28) 浜 松 市 総 合 計 画 浜松市地域福祉計画 浜松市自殺対策推進計画 はままつ友愛の高齢者プラン 浜松市障がい者計画 健康はままつ21 など 整合性 自殺対策総合大綱 国 いのち支える”ふじのくに”

国の指標となる「自殺総合対策大綱」を見直している厚生労働省の検討会(座長:本橋豊・自殺総合対策推進センター長)は、自殺対策に関する報告書案を了承した。 日本の自殺率は先進国でもっとも高い 報告書は、国が新たに策定する自

[PDF]

て、国の「自殺総合対策大綱」及び「あいち自殺対策総合計画」を踏まえて策定する ものです。 3 計画の期間 国の自殺総合対策大綱がおおむね5 年を目途に見直しが行われることを踏まえ、本 計画の期間は平成31(2019)年度から2023年度までの5年間とします。

[PDF]

あま市自殺対策計画は、あま市の自殺対策を推進していくための総合的な計画で、自 殺対策基本法第13条2に示される市町村計画であり、自殺総合対策大綱、あいち自殺対 策総合計画に対応するものです。

[PDF]

年)には「自殺総合対策大綱」の見直しにおいて『誰も自殺に追い込まれるこ とのない社会』の実現を目指すことが明示されるなど、「個人の問題」と認識さ れがちであった自殺は広く「社会問題」と認識されるようになりました。国を

[PDF]

国の自殺対策の指針を示した自殺総合対策大綱は、平成19年6月に策定された後、平成20年 10月に内容の一部が改正され、平成24年8月には全体的な見直しがされました。平成29年7月

[PDF]

国の自殺対策の指針を示した自殺総合対策大綱は、平成19 年6 月に策定された後、平成20 年 10 月に内容の一部が改正され、平成24 年8 月には全体的な見直しがなされました。平成29 年7