第12次労働災害防止計画 – 第12次鉱業労働災害防止計画の実施状況について

第12次労働災害防止計画について 平成25年4月から第12次労働災害防止計画が始まりました。 「労働災害防止計画」とは、労働災害を減少させるために国が重点的に取り組む事項を定めた中期計画です。

[PDF]

第12次労働災害防止計画のポイント 「労働災害防止計画」とは、労働災害を減少させるために国が重点的に取り組む事項を定めた中 期計画です(5年ごとに厚生労働大臣が策定)。第12次計画の期間は平成25年度~29年度。

[PDF]

厚生労働省では、国、事業者、労働者をはじめとする関係者が一体となって総合的かつ計画的に労 働者の安全と健康を守り、労働災害防止対策に取り組むことができるよう労働安全衛生法の規定に基 づいて「第12次労働災害防止計画」を策定しています。

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 雇用・労働> 労働基準> 安全・衛生> 第12次労働災害防止計画について> 第12次労働災害防止計画(平成25年度~29年度). 第12次労働災害防止計画(平成25年

[PDF]

第12次労働災害防止計画 (期間 平成25年度~平成29年度) 誰もが安心して健康に働くことができる 秋田の労働環境を実現

[PDF]

第12 次労働災害防止計 誰もが安心して健康に働くことができる 社会を実現するために 平成25年2月25日

[PDF]

これまで12次にわたり労働災害防止計画を策定し取り組んだ結果、労働現場における安全 衛生水準は大幅に改善した。 しかしながら、北海道における死亡災害は第12次労働災害防止計画期間(平成25年から 29年(以下「12次防期間」という。

労働災害防止計画は、労働安全衛生法に基づいて厚生労働大臣が定めることとされており、平成30年4月から進められる計画は、平成30年3月19日に公示された第13次労働災害防止計画 です。 第13次労働災害防止計画が目指す社会

「労働災害防止計画」とは、労働災害を減少させるために国が重点的に取り組む事項を定めた中期計画です。 厚生労働省は、 過労死やメンタルヘルス不調への対策の重要性が増していることや、就業構造の変化及び労働者の働き方の多様化を踏まえ、労働

第12次埼玉労働災害防止計画を推進しています 首都圏4労働局が合同で「Safe Work」をキャッチフレーズとした取組を展開します! (報道発表文) (50KB; PDFファイル)

平成25年度を初年度とする第12次の労働災害防止計画(以下「12次防」という。)の策定については、平 成25年2月25日付け厚生労働省発基安第1号により、厚生労働事務次官から通達されたところである。 12次防は、今後5年間にわたる労働災害防止対策を進めるために、中長期的な視点から、国が

[PDF]

平成30年2月1日. 産業保安グループ鉱山・火薬類監理官付. 第12次鉱業労働災害防止計画の評価について

[PDF]

第12 次労働災害防止計画 誰もが安心して健康に働くことができる 社会を実現するために 平成25年5月23日

第12次鉱業労働災害防止計画の策定について 2013年3月28日 経済産業省. 経済産業省は、鉱山における保安確保対策の一層の強化を図るため、鉱山災害防止についての総合的な計画として、第12次鉱業労働災害防止計画を策定し、3月28日に官報に公示(経済産業省告示第68号)しましたのでお知らせ

[PDF]

この計画は、山梨県内の労働災害の大幅な減尐と労働者の健康確保を図るため、国の定 めた第12 次労働災害防止計画に基づき、山梨労働局における労働災害防止対策を推進す る方向を明らかにするものであ

[PDF]

第12次労働災害防止計画 刈谷労働基準監督署 1.計画のねらい 労働者の安全と健康を確保することは、最も重要な国民的課題の一つで あり誰もが安心して健康に働くことができる社会を実現するために、厚生

死傷者数が前年比増 28年の労働災害実態 厚労省 厚生労働省がまとめた平成28年の労働災害発生状況によると、死亡災害は2年連続で減少したものの、死傷災害は前年を上回り、第12次労働災害防止計画の目標達成には今後「相当の取組み」が必要としている。

第 13 次労働災害防止計画のポイントまとめ【産業保健と国の施策】 第 13 次労働災害防止計画が目指すもの. 労働災害を少しでも減らし、安心して健康に働くことができる職場の実現を目指して策定されたものです。 そして以下の様な社会の実現を目指して

[PDF]

2 第1 次から第9 次までの労働災害防止計画 (1) 第1次労働災害防止計画(昭和33年~昭和37年) 産業災害防止総合5か年計画の樹立推進について(昭和33年8月8日閣議了解) 1. 最近における産業災害の増加のすう勢、就中中小企業における災害の激増並びに爆発、落盤

[PDF]

労働安全衛生法に基づき、労働災害を減少させるために厚生労働大臣が重点的に取り組む事項を定めた計画。 昭和33年以降、5年ごとに策定しており、第12次労働災害防止計画の期間は平成25年度~29年度。 労働災害防止計画とは 2

第12次労働災害防止計画の基本的考え方. 第12次労働災害計画では、以下の2点を基本的な考え方にして、各種の重点施策が検討計画され、実施するよう求められています。 長期的な災害動向と社会情勢の変化を踏まえて、重点対策を絞り込む

[PDF]

平成29年11月29日 産業保安グループ 鉱山・火薬類監理官付 第12次鉱業労働災害防止計画の評価について

[PDF]

1.1 第12次鉱業労働災害防止計画(平成25~29年度) 3 計画期間5年間の平均で、次の指標を達成することを目標とする。 指標1:災害を減少させる観点から、度数率0.85以下(過去五か年の実績に比し30%以上の減少に相当)

平成25年に労働災害防止計画が更新されてから2年。計画の期間はあと3年です。ここ数年でやるべき安全衛生対策が増えてきて混乱している人事も多いはず。そこで、国が進める計画をもう1度おさらいしてみましょう! 2015年の労働災害防止計画、労災は増加 まず平成25年から平成26年の全業種の

[PDF]

第13次 労働災害防止計画 2 過労死等の防止等の労働者の健康確保対策の推進 7 3 就業構造の変化及び働き方の多様化に対応した対策の推進 9 4 疾病を抱える労働者の健康確保対策の推進 12

Feb 23, 2018 · 第13次労働災害防止計画(案)が第112回労働政策審議会安全衛生分科会審議されました。働く方々の一人ひとりがかけがえのない存在であり、それぞれの事業場において、一人の被災者も出さないという基本理念の下、働く方々の一人ひとりが、より良い将来の

第12次労働災害防止計画(以下「12次防」という。)期間中、重点業種として取り組んできたにもかか わらず、製造業は全業種平均の死亡災害の減少率に届かず、建設業は依然として死亡災害全体の3分の1 を占め、12次防期間中、重点業種ではなかった林業に

[PDF]

実績 第12次計画策定時の目標 (2) 改正鉱山保安法施行後における度数率・強度率の推移と第12次計画の目標値 報告内容 1.第12次鉱業労働災害防止計画について 2.鉱山保安の現況について 3.計画2年度目(平成26年度)の取組実績と評価

[PDF]

第12次鉱業労働災害防⽌計画(平成25〜29年度)について(全国) 計画期間5年間の平均で、次の指標を達成することを目標とする。 指標1:災害を減少させる観点から、度数率0.85以下(過去五か年の実績に比し30%以上の減少に相当)

労働災害防止計画は、労働安全衛生法に基づいて厚生労働大臣が定めることとされており、現在進められている計画は、平成20年3月28日に公示された第11次労働災害防止計画 です。この計画におけるメンタルヘルス対策(心の健康確保対策)と過重労働対策

[PDF]

−2− 2013. 11 Vol. 22 No. 6 第12次労働災害防止計画について ―建設業対策を中心に― 厚生労働省労働基準局 安全衛生部安全課建設安全対策室

[PDF]

災害発生状況について目標を達成できなかったことを踏まえ、災害分 析を基にしたより即効性のある取組/現場に即した取組等が必要。 具体的には、第12次鉱業労働災害防止計画(以下「12次計画」とい う。

[PDF]

第12次労働災害防止計画 -安全・安心な西多摩地区の実現に向けて- 青梅労働基準監督署 1 趣旨 東京労働局においては平成25 年度からの5 年間を期間とする第12 次東京労働局労働災

[PDF]

平成30年2月. 産業保安グループ鉱山・火薬類監理官付. 第. 12. 次鉱業労働災害防止計画の評価について (ダイジェスト版)

そのため、厚生労働省では、昭和33年度に第1次となる「労働災害防止計画」を定め、労働災害を減らすために計画的に取り組むこととしました。その後もその時々の社会のニーズを踏まえて5年ごとに新たな計画を策定し、労働災害の防止に取り組んできまし

[PDF]

第12 次陸上貨物運送事業労働災害防止計画 目標達成取組強化期間実施要綱 1 趣 旨 陸災防においては、「陸上貨物運送事業労働災害防止計画」(計画期間:平成25 年度~ 29 年度)に基づき、①5 年間で労働災害による死亡者数を20%減少させる(平成29 年

[PDF]

第13次労働災害防止計画について 厚生労働省労働基準局安全衛生部計画課 課長補佐岩澤俊輔 ~日本製紙連合会安全衛生担当者学習会~ 平成30年6月22日(金)

[PDF]

第13次労働災害防止 計画と産業保健 本年度から2023年3月までの5カ年計画として「第13次労働災害防止計画」がスター トした。 「第1次労働災害防止計画」の策定から「第12次労働災害防止計画」策定の

[PDF]

数値目標は、第13次防計画中に発生した死亡者又は死傷者数と平成25年から29年までの第12次 労働災害防止計画(以下「12 次防計画」といいます。)期間中に発生した死亡者又は死傷者数との比 較になりま

[PDF]

(8) 第8次労働災害防止計画(平成5年~平成9年) 労働災害防止計画 1. 計画のねらい 労働者の生活の大きな部分を占める職業生活を安全かつ健康な状態にすることは労働福祉 の基本である。

第12次陸上貨物運送事業労働災害防止計画目標達成取組強化期間 陸災防では、7月1日から12月31日において「第12次陸上貨物運送事業労働災害防止計画目標達成取組強化期間」を実施し、労働災害防止対策への取組を一層進めてまいります。 会員事業場の皆様におかれましては、なお一層強力な

[PDF]

労働災害件数を減少させるための重点業種対策 第三次産業の中で小売業、社会福祉施設、飲食店において労働災害が増えています。特 に「転倒災害」の割合が高く、個人の行動に着目した新しい労働災害防止の手法が必要 です。 14% 13% 15% 15% 16% 100%

[PDF]

(1) 労働災害の発生状況(表1~4参照) ア 死亡災害の発生状況 平成25年から平成29年(1~12月)までの第12次労働災害防止期間中の死亡 者数は20 ¡で、第11次計画期間中の死亡者数と比較して3分の2に

第12次労働災害防止計画 12次防概要版: The 12th Occupational Safety & Health Program (from 2013 to 2017) Outline of the 12th OSH program: 第11次労働災害防止計画: 11th Industrial Accident Prevention Plan (from 2008 to 2012) 第10次労働災害防止計画: 10th Industrial Accident Prevention Plan (from 2003 to 2007) 第

[PDF]

第12 次労働災害防止計画 厚生労働省は5 年ごとに労働災害防止計画を策定し、実施してきました。本年4 月から、 新しく第12 次の計画が策定され、実施されています(以後12 次防と略します)。これは、 平成30 年3 月まで運用されます。

[PDF]

計画です。第13 次防計画の期間は平成30年度~平成34 年度。 日光労働基準監督署においても、第12次計画の結果及び国の定める第13次計画に基づき重 点目標を決定し、労働災害防止対策及び労働衛生対策の様々な施策に取り組むこととしています。

内容は、労働災害をめぐる動向をふまえた当該計画の目標を設定し、計画の具体的な項目を示すものなっている。 昭和33年を初年とする第一次労働災害防止計画の公示以来、その後5年ごとに策定されてい

[PDF]

第12次鉱業労働災害防止計画 の実施状況について 平成28年3月28日 中部近畿産業保安監督部 資料6

[PDF]

第12次労働災害防止計画最終年度に向けた取組の実施要領 . 1.目 的 林業・木材製造業労働災害防止協会(以下、「当協会」という。)においては、平成2 5年度を初年度とする「林材業労働災害防止計画」

当協会では、安全衛生水準の一層の向上を図るために、国が策定した第13次の「労働災害防止計画」を基本とし、今後5ヶ年において会員及び協会が目標とする重点事項と実施すべき具体的活動について策定

[PDF]

厚生労働省「第12次労働災害防止計画」に対応した中災防支援事業説明会 <日時> 平成25 年3月22日(金)13:30~15:30 <場所> 産業安全会館8 階講堂(東京都港区芝5-35-1) <主な内容>①第12次労働災害防止計画について

第13次労働災害防止計画の本文案 労政審の分科会で審議 公開日:2017年11月02日. 厚生労働省から、平成29月11月2日に開催された「第109回労働政策審議会安全衛生分科会」の資料が公表されました。

[PDF]

第13次労働災害防止計画 について 厚生労働省安全衛生部 平成30年6月8日 第3回製造業安全対策官民協議会

[PDF]

厚生労働省の労働政策審議会は、平成25年2月15日、第12次労働災害防止計画案について 妥当と答申しました。 この計画案は、産業構造や就業環境の変化に加えて、急速に進む少子高齢化、職場における

[PDF]

第12次鉱業労働災害防止計画 の実施状況について 平成29年3月22日 中部近畿産業保安監督部 資料4

第13次労働災害防止計画スタート 厚生労働省は5年周期で労働災害防止計画を策定・推進し、今年から第13次労働災害防止計画がスタートしている。 前回の第12次労働災害防止計画では、死亡災害・死傷災害ともに15%以上の減少を目指したが、未達に終わった。

[PDF]

第11次基本計画期間では、船員災害の現状及び計画期間中において取り組むべき 船員災害防止のための対策を述べたうえで、計画期間中における死傷災害及び疾病に 係る減少目標を定めることとする。

1.労働災害防止のために 厚生労働省が推進している第12 次労働災害防止計画(平成25-29年度) 1) (以下,12次防)では,平成29年までに労働災害による死傷者数を平成24年と比較して15%以上減少させることを目標として掲げています.これを実現するためには,特に重点的に取り組むべき対象は

今年度から29年度までの中期5カ年計画で国の「第12次労働災害防止計画」が推し進められる。死亡者数と休業4日以上の死傷者数をともに平成24年比で15%以上減少させることを全体目標として掲げた新計画では、次の点がポイントになっている。

[PDF]

害防止対策が必要となります。厚生労働省では、本年2 月に第13次防の公示を予定しています。 建設業労働災害防止協会は、先に挙げた2018年度か ら2022年度を期間とする厚生労働省の「第13次労働災 害防止計画」と同様に、新しい5カ年計画である「第8 次